アンケートの効用(1)人気のデイサービスの特徴として重要なのは顧客の声に耳を傾けること(傾聴経営)

アンケート。あなたの会社では顧客からアンケートをとっているだろうか?当社ではアンケートをケアマネと利用者家族からとっている。 しかし、あまり介護業界でアンケートをとっているという話を聞いたことがない。また、利用者や家族にアンケートをとっている会社はあるがケアマネにアンケートをとっているという話はほとんど聞いたことがない。 だが、ここで言っておきたい。少なくともアンケートを1年に1度の年間計画に組み […]

デイサービスの稼働率を上げる方法。LTVをあえて意識しないほうがいい場面がある(2)

前回次のようなエピソードを紹介した。 私は昔、赤字の事業所の管理者に「このご利用者は毎日通所されている介護度5の方です。特養に入りたいと相談されています。でも退所されたら稼働率が激減します。どうしたらいいですか?」と聞かれたことがある。(この話の詳細はまた別のテーマで今度じっくり) この従業員の問いに数字を根拠に答えることはできない。なぜならこれは数字問題ではなく、価値判断の問題だからだ。 だが、 […]

デイサービスの稼働率を上げる方法。LTVをあえて意識しないほうがいい場面がある

稼働率を上げる方法はないか。経営者全員の悩みだと思う。 そして、稼働率を上げる方法は2つしかない。利用者の利用回数を増やすこと(新規獲得でも既存利用回数増でも)、そして利用者を辞めさせないことだ。 しかし、ここで多くの会社が間違いを犯す。 それは、「顧客が満足する(目的)」→ 「利用回数が増える(結果)」の順番を逆にしてしまうのである。 つまり、 「利用回数を増やす」ことを目的としてしまうのだ。特 […]

介護事業における人件費問題。人件費率(労働分配率)は何%が適正か?(2)

前回、45%に労働分配率を抑えるために社員をリストラしたり、パートさんのシフトを削ったりしたら絶対にダメだという話をした。 それについて、今日は書きたい。 介護事業に限らず、サービス業はシフト管理が重要で、パートさんやアルバイトのシフトを削って人件費をコントロールするのが一般的である。 しかし、本当に儲かるお店を作りたいなら、そんなことはすべきではない。非正規雇用の人にだって生活があり、それを非正 […]

介護事業における人件費問題。人件費率(労働分配率)は何%が適正か?

今日のテーマは人件費率である。今回は正確に労働分配率という言葉を使おう。さて、介護の適正労働分配率は何%か? これについては、業態によって前後するもの一般的には45%と言われる。少し高いと思うかもしれないが、仕入れがないためこの基準は決して高くない。 そして、この水準を守れば確実に利益を出すことが可能である。ただ、ここに社長の悩みがある。売上にもよるが大体の場合、シフトを組んでもこの数字に収まらな […]

介護業界の採用問題。介護業界は優秀な人材が採用できないのか

このテーマは重要である。というか重要すぎてとても1回では終わらないが今日はそのさわりの話をしたいと思う。 介護において人材採用は重要である。言うまでもない。 しかし、この重要性を本当の意味で分かっているオーナーがどれくらいいるかというと、どうであろうか?かくいう私も重要性を本当の意味で分かっていない一人であった。 今はこう思う。スタッフのその日のモチベーションは例えば寿司屋のネタの鮮度以上に重要だ […]

デイサービスにおいてコンテンツ(アクティビティー)は重要か~人気のデイサービスの特徴~

刺激的なタイトルである。デイサービスに限らず、人気のあるお店になるためにコンテンツは重要だと言われる。商品力が強いことが商売にとって最も重要な要素の1つである。物の本にはそう書いてある。しかし果たして本当にそうだろうか?  この点を人気のデイサービスの特徴がどこにあるかという視点で見ていきたい。  結論から言うと、最近私はこの事業において、コンテンツ自体をそれほど重視していない。それよりも誰がサー […]

国の借金問題から考える介護保険事業の未来への展望

 国の借金、財源問題はこの20年くらいずっとこの国のホットな話題であり続けてきた。このままでは国家が破綻するという財務省を急先鋒とする国家財政破綻論者。一方で円建てで国債を発行して国内で国債が消化されている限り財政破綻はないという財政破綻否定論者。  いずれにしても、国の財政に収入の9割を依存している私たち介護保険事業者にとって最も重要な関心の的であることは言うまでもない。  正直、これは専門家で […]

定員問題。小規模か大規模か。それが問題だ(2)

 前回は国が介護の小規模事業者から大規模事業者への再編統合を志向しているという話をした。  今回はその国の方針の話を引き続きしたいと思う。  というのも、今から3か月前、2020年7月にとある補助金が発表されたからだ。その内容は上述の再編統合を国が強く推進することを示すものだったからだ。  今年コロナによって国は100兆円を超える予算を組み、補助金、助成金という形で大盤振る舞いをしている。そして、 […]

定員問題。小規模か大規模か。それが問題だ。

 デイサービスは歴史が長いサービスの1つだ。  そして、現在デイサービスの半分以上が地域密着型であり、その大部分が10名定員である。それはほとんどの経営者が10名定員で参入し、現在に至っていることが最も大きい理由だ。 これには理由があって、経営者の皆さんはよくご存じの理由である。理由は大きく2つ。 1、地域密着型デイサービス(かつては小規模と呼ばれていた)は10%弱、報酬単価が高い(昔は20%近く […]